美容情報館オフィシャルWEBサイト

最新の脱毛口コミ情報を掲載

「半年ほど病気で入院していまして、ようやく先頃退院しました。入院中は人目も気にせず過ごしてまいりましたが、退院して身だしなみにも気を使うようになり、前から興味のあった脱毛にチャレンジしてみようかと思っております。病後のからだでも大丈夫でしょうか?」このような心配をされている方もいると思います。病中・病後は体力が弱まっているときです。そういった時は、身体に過度の刺激を与えるのは禁物といえます。レーザー脱毛には副作用もなく、肌が汚い方でも安心して受けることができますが、病気の際はおやめになっておいた方が無難だと思います。長い病気をした後もそうです。こういった時は、かかり付けの医者さんに相談するのはもちろんですが、レーザー脱毛を施す医師にも、カウンセリングの際に必ず一言お申し出下さい。

エステ活用術?光を発する機械を用いたシワ治療

レーザーその他の、光を発する機械を用いたシワ治療が、エステサロン、美容皮膚科や美容外科で広く行なわれるようになった。真皮のコラーゲンなどに光を当てて活性化するというようなものである(シミ用のレーザーなどとは機械の種類が異なる)。これらの光は、表皮を通過して真皮だけに吸収されるため、皮膚の表面には傷かっかず、かさぶたなどもできないのがメリットである。光を当てるだけでシワが伸びて、術後に顔が腫れたりかさぶたができたりもしないと聞くと、夢のような治療にも思われるが、そう簡単にはいかない。問題点としてはまず、費用がかかる。機械が高額で維持費も高いためであるが、治療費は1回3万?5万円以上するものが多い。また、効果にかなり個人差がある。よって、回の治療でシワが消えると言われて試したものの、ほとんど効果がわからなかったというようなケースも多い。金銭的に余裕がある人は試してみるのもよいが、ぎりぎりの予算で治療を受けるのはおすすめしない。

瞼の脂肪除去で目が閉じなくなる

もっとも一般的な災難は瞼の美容整形手術の失敗で、患者は手術後に目が閉じられなくなる。その原因は、多くの無資格な医師がこの手術をすることにある。外科の免許をもっている医師はどんな種類の手術をしてもいいことになっている。ただ、週末のセミナーを一度受講しただけで、上下の瞼の脂肪を完璧に取り除けると思いこむ医師がいる。講義を聞いて、害のない比較的簡単な手術だと思ったのだろうが、そういうわけにはいかない。筋肉の損傷というリスクがある。脂肪を取り除く際は細心の注意を払う必要がある。ほんのちょっとのミスで筋肉を切断してしまえば、患者は術後二度と目を大きく開くことができなくなってしまうのだ。問題が解決するまで、目の潤滑剤を使うほかない。もし解決しなければ、そのときは一生潤滑剤を使いつづけるしかない。ものが二重に見えることもあるようだ。瞼の手術は見かけに反して技巧を要する。取り除く脂肪が少なすぎれば満足な結果は得られず、多すぎればやつれた表情になる。私はほかの医師たちに比べると思いきって除去するほうだ。開業した十六年前当時より皮膚も脂肪も多く切除するようになった。長年にわたって何千回となくこの手術をこなしてきたおかげで、私の技術は研ぎ澄まされている。週末のセミナーを受講して手術の方法を知ったばかりの医師がミスをおかすのは当然ともいえる。

とある女性のダイエット奮闘記

エステの痩身コース(脂肪吸引)について1つご紹介します。清水の舞台から飛び降りる気持ちで70万円を払い、がんばった結果、7キロ減。しかしエステとはいってもやはり食事制限があり、これがとてもつらく、結局チケットを使い終わらないうちにやめてしまいました。やめて半年で体重は元どおり。お金を損しただけで終わりです。」と、彼女は語ってくれました。彼女は食べることが大好きで、食欲をガマンできないのです。たとえば家でカレーを食べるときは、―人暮らしなのにご飯を3合炊き、鍋いっはいにカレーをつくり、山盛り3杯は食べます。食後はケーキやアイスクリームなど甘いものを欠かしません。それなら身体を動かそうと、スポーツジムに通ったり、サウナに行きまくったり、マラソン、ダンベル体操とあらゆる体操も行ってみたのですが、どれもこれも挫折。身体を動かしたあとは、よけいおなかがすいて、多く食べてしまう始末です。

知っていると得するツメのメカニズ

私たちが「ツメ」と呼んでいるところは、ツメの主な部分を占めている「爪甲」(ネイルボディ)のこと。これは、一枚のように見えるけれど層をなしており、「爪床」(ネイルペッド)に付着。「爪根」は、ツメができるところで、ツメの付け根の皮下にあります。そのかたからにあり、角質化する機能をもつ「爪母」には、神経があり、またツメの細胞を作ったり、ツメの伸びをコントロールする血管やリンパ管が通っています。とても敏感なところで、傷つけたり打ったりすると、ツメの成長に影響が出やすいので、日頃から注意しましょう。「爪半月」は、ネイルボディの根元にある白い半月形。マトリックスで作られたばかりの角質化されていない部分で、水分を含んでいるため、白く見えるのです。「甘皮」すでにご存知のように、ツメの周囲を取り巻いている皮膚。適度な水分を含んでいる状態がベストです。

スローフードでアンチエイジング

仕事もプライベートも何かと忙しい30?40代の方は、短時間で食事をすませてしまう場合が多いのではないでしょうか。しかし、ハッピーエイジングのためには、ゆっくりと、できるだけ時間をかけて食べることを基本にして欲しいのです。ゆっくり食べるということは、良く噛んで食べることにもなります。咀嚼の生理的役割として、まず、脳の血行が良くなり、食物のもつ味が舌の感覚器を通じて脳によく伝わり、おいしかったという食事に対する充足感が得られます。次に、あごの内側にある唾液腺を刺激して、唾液の分泌を盛んにするため口の中の衛生が保たれ、歯の健康維持につながります。歯のアンチエイジングのためにも、歯触りの良いソフトな食品ばかりを選んで食べるのではなく、菓子パンよりはフランスパン、白米より玄米、加工品よりは生の野菜や固いステーキなど、何回も噛まなくてはならないものを食べる機会を増やしましょう。咀嚼は最低でもひと口20回以上。食事時間は最短でも朝食や昼食に20分以上、夕食には40分以上。しっかりと気をつけましょう。

Menu


アロマディフューザー情報

自分の好きな香りを見つけて、使い続けるようになったら、ほかの香りも試してみましょう。リラックスしたいとき、リフレッシュしたいとき、あるいは不快症状が表れたときなど、シチュエーション、症状に合わせた精油を使い分けていきます。そのとき、おおまかでいいので、精油の効果(心、体、肌への働き)を理解しておくことが大切です。
[参考]
アロマディフューザー製品情報
http://www.at-aroma.com/




銀座イーストのこだわり脂肪吸引

腕の付け根を上手なカーブで吸引できるデザインが好評の銀座イーストクリニックの脂肪吸引手術詳細はコチラ


美容情報館オフィシャルWEBサイト Copyright(C)www.exumbrella.com All Rights Reserved.